あなたが検索にひっかかる理由、Googleは、クライアントとあなたを見ている

昔は検索すると上位にきていたものが

検索エンジンに上位になりません


そういう声をよく聞きます。

なぜ、昔と今は違うのか?


Googleなどの検索エンジンは

より顧客が求めている裏を意図を読んで上表示をされている

ってこと


あなたは、例えば

ハンバーグという文字を検索エンジンで検索をしてみてください。


そうすると

ハンバーグを作るほうの検索結果が上位にでてきます。


ところが、、、

外で、でてハンバーグと検索すると

なんと!!


お店のほうがでてくる。

これって、すでに、あなたが

何を求めているのか

Googleが先読みしているってこと


外で、ハンバーグの作り方を検索する人は少ないということ

他にも、あなたが、普段料理のお店を検索することが多いのか?

作り方の検索をすることが多いのか?

 

子供のことを検索することが多いのか?

これらを判断し、あなたが、検索で先に見つけやすいように

してくれているってことです。

 

これをマーケティングに使うとどうでしょう?

ターゲットが例えば

小さい子供(幼稚園)くらいのこどもをもった

若いお母さんだとしたら

悩みは、公園デビューの仕方とか

子育ての仕方だとか

子供の好き嫌いをなくす方法だとか

おしゃれな子供服だとか気になるでしょ?


もしこれらの一連がすべてあなたが

いろいろ書いていたら

上位に検索されるってことになるってこと

 

あなたのSEO

対策はこうやってる?

もはやキーワードに時代は終わったよ?

クライントのニーズは多種多様、ここをどれだけたくさん

みつけられるかどうかってこと

が重要ポイントとなるね





【エンタメ電子書籍】伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000