媒体の使いわけの1ベクトルの使いわけ

あなたは、ドラマとか見る?

ドラマって、実は短期型のマーケティングって知ってた?



毎週毎週

同じ時間に届けるのだけれども、

回数制限ってあるでしょ?


全何話っていう感じ

その中で、盛り上がるところがあったりする。

 

大概最初と最後が大盛り上がりで視聴率も伸びる一方

ドラマが終了後は、当然ながら

その影はなくなる。


これとは、真逆に

長年にわたってやっているような番組

とくにバラエティなどのテレビ


これらは長期的な、じわじわさせてマーケティングしていく

これのつよいところは、視聴率はすごく高くなくても

長期的に、視聴率がのびていくことが多い。


これは、コンテンツも違うば媒体も違う、

もちろん放映時間も様々


じゃあこれを、あなたのビジネスに活かすことってできないだろうか?

実はできる。


短期的に行うと効果的なもの

それが広告

今だけこのメルマガに登録するとプレゼントもらえます


これを代替的に広範囲に広げる

一気に盛り上げていく、短期的に、興味をもたせて

クライントの心があついうちにゲットする方法


それとは対照的にじわじわできるのが

ブログやYOU TUBE そしてメールマガジン

これらで、毎日、少しずつ

手を変えながら、興味をもってもらう


この2つを効果的に行うことで、単発で終わらず、しかも

一時的に盛り上げることも可能なのだ。


どっちの要素も必要なものなのでしっかり覚えて

両方をやっておくといい。


【エンタメ電子書籍】伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000