アファメーションはしてもかわらないし自殺行為

今日は、あえてスピリチュアルを否定した話

先にいっておくけれど、

こうみえて私は、スピリチュアルもしっかり

学んだ、ヒーラーでもある。


よく、自分はできる

自分は成功する

自分はモテる

自分は美人だ


そうやって、アファメーションしろっていうでしょ?

これってね、実はあまり効果がないっていうこと知ってた?

実は論文にあるくらいもうデータででているんだって。


そうやって無理に、自分の未来を明るくみたり

自分のネガティブなところをみずに否定をし続けると

なにやっているんだという感覚が自分を責め始めて

そうなっていない自分をかえって、否定してしまって

落ち込んでしまうんだ。


こうやってリバンドがおきてしまう。

これ、目標達成も同じ。素敵な未来を描こうといっても

今を否定している見方は。夢を叶えることはできないって

こと。


これはやる気がおきない現象がおきてしまう。

そう。

だからキラキラした未来を描こうという誘い文句の

スピリチュアルなことをいう人は要注意だ。


この私は実は、これ経験済みなんだ。

理想の未来を描くだけでは、まったくの無意味

その一瞬だけ良くても

あとで落ち込む原因になるだけだよ。


じゃあどうしたらいいのか?

それはネガティブはあえてさらけ出す。

それを武器として使う。


これを糧として、先に進む力にするのだ。

その方法ね。なかなか一言で片付けることができない

けれど、この書籍から一部抜粋した一言をここで紹介



「苦手と得意や好きは組み合わせることができる」 

 抜粋:: 仲秋素志 “苦手を 大好き・得意・憧れるにかえる方法”。


続きは書籍にて。。。


【エンタメ電子書籍】伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000