ビジネスで営業が100%の成約率「出しジャンケンの法則」

営業でこんなこと言ったことや

逆に言われたことはない?


私〜という仕事をやっています⚪︎⚪︎です。

〜でこまっていませんか?

〜はいかがでしょうか?


当社は⚪︎⚪︎というほかの会社ではやっていない

ことをやっています。


これで相手がOKという確率って

どのくらいだと思う?


これで制約できるのはまさに奇跡!!

万が一これでできたのであれば

それはたまたま、お腹を空いていたところで

どこにもでかけることができなかったという

タイミングでお弁当屋さんがきて、お弁当をくばっただけ!!


そりゃ、ほしくなるでしょ?

ではもしこれが、偶然のタイミングではなく

突然の暴風雨というのがわかって、いつも外食をしている人がいるということが

わかっていたらどうだろう?

そのタイミングで飛び込みで販売したらどう?

100%じゃない?もちろん、中身も充実していないといけないが


普通なら、断られてしまうところ、絶対に断られることなんてないはず

断る理由すら、思い浮かばないでしょ?


これが後出しジャンケンなのだ。

じゃあ、これと意図的に作り出すにはどうしたらいいのだろう?

それは相手との距離をつめていくことなのだ。


そこで、相手がどのタイミングで、最高に困っている状況になるのか

を見極める必要がある、そこで、そのタイミングで、信頼している

距離の近い、あなたが、手を差し伸べるようにすれば

営業は100%うまくいく





【エンタメ電子書籍】伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000