あま〜い錠剤のあまーい罠!?





錠剤が飲めない人が飲めるように、、、

近年の高齢化社会、そして

忙しい人向け?に開発された薬、それが口腔内崩壊錠と

いわれるものです。


そして、小児にも同様に甘い薬にコーティングしている。


飲みやすさを追求し、手軽に服用でき、唾液がでて入れば飲める

製薬会社の優しさでできたもの?

しかし、おどろきの事実があります。





この甘みの成分

実は、添加物で、神経毒といわれている

アスパルテームが入っています。


このアスパルテームというのは

は甘味料の中で最も危険性の高い毒物の一つです。

 別名「α-L-アスパルチル-L-フェニルアラニンメチルエステル」と呼びます。


いわゆる人工甘味料のことです。

そう、これにも入っています。




 目の痛み、閃光視、かすみ、トンネル視、眼球突出、聴力減退、頭痛、偏偏頭痛、不安、動揺、物忘れ、多動症、高血圧、下痢、血便、月経不順、、、、、、、 これらはすべて人工甘味料「アステルパーム」を摂取すると発症するといわれている病気や症状です。


世の中「〜しやすさ」というのは

必ず、からくりがあります。

便利になっている=なにかを犠牲にしていると考えたほうがいいです。


例えば、改札に駅員がいなくなり自動改札になった。

駅員の仕事がなくなった。


パソコンなどの通信機能が便利になった

かわりにコミニケーションが苦手な人が多くなった。


保存剤で野菜が腐らないようになった

かわりに、健康を概している。


などです。


あなたは、このあまーい錠剤、飲みたいですか?

飲みたくないですか?


医者が選ぶのでしょうがないのではなく

自分でしらべて、自身で決めることがもっとも重要なことなのです。



伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000