難しい専門書ほど、Kindleでの出版が適している理由



難しい本はそもそも読まないと思うかもしれませんが

この本を読めば、勉強になるから読もうとしても

内容が難しくて、最後まで読めないということはないでしょうか?


そういう本こそ、Kindleでの出版が適しています。

なぜなら、紙の本の厚さを意識する必要がないからです。


難しくて量が多い本というのは、

まだこれだけあるのかと、意識してしまいます

電子書籍は厚みを体感しないため、

その無意識のストレスを感じません。


そして、隙間時間で読むことができるという

習慣をストレスなく、できてしまうということで

集中力を保ったまま、読むことができます。


そうすることで学習能力を高めることもできるのです。


また、調べ物も、そこの部分を検索をかける機能もついているので

さらに、効率的です。


こういうメリットもある電子書籍は

インターネットだからこそできる機能でもあります。

紙の本では、なかなか難しい

こうやって電子書籍の特徴を最大限

使えば、電子書籍は使い方によっては

紙の本よりも学べることも多いのです。


【エンタメ電子書籍】伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000