理系だから、魅力的な文章がかける



よくいわれるのは、魅力というのは直感、右脳で処理するタイプの

人が得意というが、違う


魅力というのは、受けて側が判断するもおである。

結果相手が響くか響かないか


工程は、いろいろあってもいい。

世の中を二つにわけると

文系が得意な人、理系な得意な人で、

頭の使い方が大きく違う。


じゃあ美術はどっちとなるとどちらでもない。

だから文系が得意な人でも理系な得意な人でも

魅力はだせる。


その方法が違うだけ。


文系は、文章を書く読むという行為そのものが得意

だから自然と、その行為になれるが


理系は、理論立てて計算で出すことが得意。

魅力的な例があれば、それの要素について分析し

組み立てて文章構成をすることが得意なのだ。


【エンタメ電子書籍】伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000