出版しても読まれないという恐怖を手放す方法



文章書くとき

かきながら、こう思ったことはないでしょうか?

こういうときに、急に筆が止まってしまったり

かきたくなくなったりしてしまうことはないでしょうか?


そんなとき次のどちらが正解?



そんなときやってしまうこと

それが無理やりかいてしまうこと

これをやってしまうと、実はよまれない文章が完成してしまう。


こうなると、せっかく、本やブログなど文章を完成させても

違和感を感じよまれない文章になってしまいます。


文章においてもっとも大事なことは

「感情」です。


「感情を動かすこと」つまり

「感動」です。


ノウハウなら目からウロコ

ブログなどの日記であれば、笑、悲、嬉、喜、驚

などです。


感情は伝染します。

これらの感情が文章から読み取れるか?

ということがもっとも大事、したがって

ペンが止まってしまった場合は

素直に、ペンを止めるというのが正解です。


書きたい、伝えたい、そう思ったときに

書くのが一番よまれて、人に影響力を与えることができます。


【エンタメ電子書籍】伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000