出版が小さなハードルになる方法



本を出版したいけれど。。

 本は有名な人が出すものでしょ? 

わたしにはまだはやい。。


 わたしは多くの方に本のイメージを どう思っているか聞くと

 多くの方がこのような答えを返してきます。

 これが一般の人がいだく本のイメージです。


 そうです、 本=偉人とか本=作家 本=先生 本=専門家 

こういうイメージが定着しているということです。


 それだけ、本は信用が高いといえます。

 逆に、もし、本をかけたらこれを得られると いうことになります。


 たしかに電子書籍は、本とは少し違いますが それでも一般の人からみたら本そのものです。

 書籍を書く=信用 では、その信用欲しいですか?欲しくないですか?


 信用というのは通常、何年もかけてつくるものですが 

本は、その本を読めば信用がえられるもの


しかし

 多くの人が勘違いをしているのですが 伝えなければ信用につながらないと思っています。


 考えてみてください、

日頃の会話の中で 伝えようとしていたらつたわらないこと多くありませんか? 

丁寧に丁寧にやっても伝わらなかったことが 


楽しそうに、協調して伝えるだけで そういえば、あのときこんなこと言っていたよね

 と言われたことはないでしょうか? 


 伝えるのではなく伝わればいいのです。


 そうやって、信用が得られていきます。


【エンタメ電子書籍】伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000