15のときにある波にのまれた少年

少年Aは、15歳のときに

ある巨大な波にのまれた。


少年は、普通の中学生だった。

まじめで努力家、どこにでもいる普通のよい子


少年がのまれた波、上手な人はのりこなせるのだが

少年は乗りこなせなかった。溺れてしまった。


この波の正体

それは受験


波をのりこなそうと必死に練習をしたのに

溺れた。


なぜそういうことになってしまったのか?

原因はたったひとつ

それは

「あがり症」


実力がありながら、

本番に力がだせない症候群

だった。


少年は、普通なら答えられる、問題も頭が真っ白

当然、不合格通知だった。


そして、この少年が通っていた学校の中で希望の

学校にいくことができなかったのは

なんと160人中たった2人


確率1.25%

少年は、小学生のころからこの学校にいくと決めていた

からなおさら、絶望感が襲う。


親も期待していた。

だからこそ、だった。


その波の次に襲われたのは、卒業式の恐怖

世間の目は冷たかった


まるで海王類に襲われたアニメワン⚪︎ースの主人公のよう。


この話は続きがあるが、

この少年こそ私だ。


努力しても一周でかき消される

その悪魔のような存在が

「あがり症」


大人になったいまでもそのトラウマはある。

しかし、そんあ私でも克服はできるだ。


いやむしろ、人前で立つのが楽しい。

そう、思うようにすらなった。


もっと、話したい、もっと人を喜ばせたい

そんな気持ちすらあるようになった。


だから、あなたも必ず変われると確信している。

「あがり症」だったから体験できた。

「あがり症」だったから気づいた。


そんなことを本に魂をこめて書いている。

伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000