9割の人が勘違いしている花粉症の原因

ズルズル、ズルズル、ゴシゴシ、ゴシゴシ

春になると、こんな音が、全国でこだまする。

そしてあるものを飲むと

こんな音が Zzzzzz....


なんの音だろうか?

正解は


そばやうどん、麺類を食べる音

ではない!!


そう、この記事を読んでいるあなた

きっと25%の確率で、該当するはず。


そう花粉症の症状によるもの、

そして薬で眠くなり、スヤスヤ、いびきをかいてねてしまう音。


花粉症、多くの人が9割花粉を悪者にしているが違う。

実は、自分の体がそうなってしまっただけ。


西洋医学的にいうと、花粉というアレルギーに対して

鼻水がでたり、目がかゆくなったりする現象のことだが。


薬は、このアレルギー反応をおさえている。

そもそもなぜアレルギーがおきるのか?それは体にこれ以上入ってこないように

するための、鼻水、炎症などが、その反応だ。


なぜこういうことが、おきてしまうようになったのか?

もちろん、花粉というアレルゲンだが、

もともと、人間に備わっている粘液というものがある。


それは異物を排除するために備わっているのだが、

これらが減ってきている証拠でもある。


粘液があれば、体の中に入ってくる前、体が過剰に反応する前に

これで排除できてしまう。


この粘液不足は、なにが原因か?血液の乾燥つまり、血液がドロドロ

した水分不足とも言える。


では水をとればいいかというとそういうわけではない

大きくわけて3つ

・水分摂取量がたりない

・水分を吸収する過程がうまくいっていない

・水分をとっても出る量が上回っている


この2つ、細かくいうと、この原因もあるのだが

考えてみてほしい

思い当たるものはだいだろうか?


こちらの本では詳しく対策を説明している。

【エンタメ電子書籍】伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000