誰もが知っているワセリン、その正体とは?

冬になると、毎年つけているあれ、そうワセリン!!

ワセリンは日本薬局方でも掲載されているくらい、医薬品として

安全につかえるもの


よく病院にいって乾燥対策に、渡されます。

でも、ワセリンってそもそも何なのかご存知でしょうか?


実は、原料は

なんと

石油

なんです。


ご存知でしたか?

石油を、不純物を取り除き、精製するものです。

よく「プロペト」という名前の薬を病院で処方されます。


これも、ワセリンと同じ、精度を高く不純物を取り除いたものとして

よく乾燥肌に使われ、どこの場所にも安全につかえるというものです。


でも、原料は石油です。

たしかに、この薬で、副作用のでた人はいません。

しかし、いくら精製されたとしても、これは原料は石油です。


もし、あなたが、石油を肌に塗布するのが嫌なら

次のものをお勧めします。


①ミツロウ

 ミツバチが、巣を固めるのに使うロウのようなもので100%天然のものです。

 ワックスエステル、脂肪酸、アルコール、炭化水素が主成分

 保湿力が高く肌に優しいのでハンドクリームや化粧品の乳化剤としてよく使われてもいます


②シアバター

(シアの木)の種子から採れる油脂で、人の肌に近い成分

ステアリン酸・オレイン酸で、その他に、リノール酸・パルミチン酸などが含まれていて保湿効果がすぐれています。


③アロマ用、ベースオイル

●ホホバオイル  

●スィートアーモンドオイル

●マカデミアナッツオイル

●アプリコットカーネルオイル  

●オリーブスクワランオイル オリーブオイル

●ローズヒップオイル  

●ボリジオイル  

●小麦胚芽オイル  

●セントジョンズワート  

●カレンデュラオイル  

●月見草油(イブニングプリムローズオイル) 

アロマオイルについてはこちらに詳しいサイトがありましたので

こちらを参考にしてみてください。


たしかに、ワセリンで副作用がでることはほとんどありません

しかし、石油というものをぬっている意識のままでいいでしょうか?

赤ちゃんの肌、そして、大切な人の肌です。

そして

選ぶのは、あなたです。


伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000