鎮痛剤で、手足が。。。。




この答えは、正解は⚪︎です。

なぜ、鎮痛剤というのは熱をさげる薬なのですが、なぜ

そもそも熱がさがるのか?


それは発熱物質をおさえる薬だからです。プロスタグランジンをいう

ホルモンをおさえることで痛みと熱、炎症をおさえる効果のある薬


これとともに起こる弊害があります。

血液の流れが悪くなるという副作用があります。

これが、末端でおこると、血流がわるく冷えてしまうという現象

がおきます。


臓器で血流がわるくなっておこるもの

胃腸障害、腎臓への血流障害などがおこり

いろんな副作用に、つながります。


血流がわるくなることで、血圧の上昇にもつながるのです、

鎮痛剤の常用は常にリスクと隣り合わせだと思ってください。


ちょっとしたことで解熱鎮痛剤をのむことが習慣になれば

いろんな副作用がでてくるリスクがたかまるということを

ぜひ覚えておいてほしいのです。


例えば風邪なら、生姜入りの食事などで対応できます。

喉の痛みは、はちみつやカリンなどで喉のケアにもなります。


こういう自然療法をぜひ、とりいれてみてください。


伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000