電子書籍の内容(文章)簡単に魅力的に書く4つのステップ

電子書籍(Amazon Kindle)であなたの本を買ってくれても

実は、Amazonのアンリミテッドで、本のページの閲覧がされないと

課金されない。


ただ買っただけでは、あなたのロイヤリティーが増えないのだ。

しかも、もちろん、あなたのファンになることなんてこともない。

つまい、内容が興味をもたせる内容でないとダメだ。


説明っぽく書いて、おもしろくないと思ったらそこで終わりである。

ではそのために必要なもの。


本の中で、感情を動かせることが必要。

次はどうなんだろうとワクワクさせることが必要なのだ。


そこで有効なのがこの

K S T K

一体何か?

ぜひスクロールする前に考えてほしい。


ヒントは四コマ漫画



それは

起承転結(KSTK)


よく聞く話だけど、どういうことを書いたらいいんだろうと

思うかもしれないのでシェアしようと思う。


起(K);問題定義

 ここでは現実おきている問題、特に読者がかかえている悩みに対して

フォーカスした内容にすることで、そーだよなと共感がうまれる

 さらになんとかしたいと思わせる


承:問題に対する解決法

 ここで、問題に対する、方法があることを伝える、具体的な実績があれば

読者も、そうなれると思ってくれるので、ワクワク感が増す


転:具体的案

 では、その方法ってどうやるの?具体的な内容をステップで書いてあげる

最初は、簡単なもの、後半はハードルが高いものにすることで、私には

無理と考えて、離脱しないようにする


結:おち

 最後に、実際読んだだけでは難しいことがある。ここで次に誘導することが

もっとも、重要。

 ここではワクワクした感じがMAXに高まっていれば次につながりやすい。


【エンタメ電子書籍】伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000