アイデア無限増殖法 

電子書籍は無料で出版できる。

だから、たくさん出したほうがより効果的

でも、そんなネタってないよ。と嘆いてしまうことが多い。



もちろん電子書籍だけでなく、ブログやyou tube、メルマガなど、情報を発信するものすべてにこれらは当てはまる。


私は年間に30冊もの本を昨年書いた。

なぜかけたのか?そんなに知識や伝えることがあったのか?というと

そんなことはない。


薬剤師として18年、同じ業界にいて、伝えられることというのは限られている。

ではどうやって、30冊もの本がかけたのか?

それにはいくつか方法があるが

それをひとつ今日はシェアしたいと思う。



「ターゲットをかえる」

 本の読者をかえるだけで、内容を変わってしまう。本の内容のコンテンツは類似していても、ターゲットがかわるだけで、まったく別の本になってしまう。

 例えば、女性なのか?男性なのか?によって違う


他にも、同じ女性でも働いているのか?専業主婦なのか?

それによってもまったく別の本となる。


タイトルが、ダイエットに関するものだった場合、

 同じ女性の話でいうと、食べるものが違ってくる。

昼は、弁当か、外食かは、働いている人の生活でもある。


したがってこれらに関する記事となるが

専業主婦の場合、子供と一緒のご飯をどうダイエットにいかすのか?の話になる。


これらを深く掘り下げて、書くだけ

でもあなたのもっているコンテンツはたったひとつである。

こうやって、量産は簡単に可能となっていくのだ。


【エンタメ電子書籍】伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000