2万文字をあっという間にかけてしまう文章の膨らませる魔法のアイテムの出現方法

文章をつなげる魔法アイテムを出すには

あることをすると、自然にでる





昨日のブログで、魔法アイテムを出すと

文章はいくらでもかけるということを説明した。


無理やり出すというのもひとつの方法だが

自然に出す方法もある。


無理につなげようとすると違和感がある文章に

なってしまう場合はこの方法を使うとよい。


例えば次のような例

「カレーは辛い」

これを、無理やりつなげると

カレーはからい、だとすると、インド人は、インド人は激辛の

唐辛子をたべても、きっと、大丈夫


これでも話は通じるが、明後日の方向に話がいってしまう。


そうならないようにするには

質問を考える

カレーはからい

「なぜ辛いのか?」「どうして辛いカレーがつくれるのか」といった感じ

そうすることで、前後がスムーズにつながる


ここで「なぜなら」という接続詞が選択されて

違和感のない文章になっていく


この質問を考えるとき、読者だったら何を疑問に思うだろう?

これを考えて質問をすると

より、読者にとって、興味深い文章になっていく。


【エンタメ電子書籍】伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000