自分の存在価値を200%高める電子書籍の書き方




突然ですが、質問です。

あなたはなのために本を書きますか?


本を書くというのには

大きくわけて2つの目的があります。

①自分の存在価値を知ってもらうため

②役に立つ情報を届けて、その人が幸せになってもらうため


実は、多くのベストセラー作家が無意識にやっていること

それがこの2つにヒントがあります。


先ほどの2つ、大きく違うものがあります。

それはなんでしょうか?


それは矢印が自分か読者かです。

①は自分、②は読者

もし

①で場合で文章を書いた場合、

例えば

このコンテンツすごいでしょ?

だからやっていたほうがいいよ。という目線の文章になります。


しかし②だと、あなたの悩み、それは、苦しいのがよくわかります。

なぜなら私も、そうだったから、でも、そんな私でもかわったんです。


という表現になります。

なにが違うのか。順番が違うのです。

読者が先か、あなたやコンテンツが先か?です。


仮に目的が、あなたの存在価値を知ってもらためであっても

表現をかえるだけでこんなにも違います。


読者のために書いたものというのがやがて

自分のためになる。


GIVEの精神で書くことであなたの

存在価値はあがっていきます。


読者のために、なにができるのか?

それを考えていくことが最も重要です。

【エンタメ電子書籍】伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000