電子書籍の売れるタイトルの方程式は「⚪︎⚪︎x⚪︎⚪︎」


電子書籍をお客さんが買うステップは

検索窓に「キーワード」を入れる

表紙・タイトルをざっとみる

本の詳細をみる

レビューを見る


という流れで、最後にボタンを押します。

つまり、このステップごとに脱落者がふえていくということです。


その中でも、このタイトルという部分が非常に重要です。

タイトルは、読者に

「この本おもしろそう」とか

「この本で私の悩みが解決できそう」と思うわけです。


それは、まるで、テレビ番組のコマーシャルのようなキャッチな

言葉が必要となってきます。


とはいっても、なかなか、素人がいきなり

できるものではありません。


タイトルを考えるときというのは

通常100個など、たくさんの案を出して最終的にきめていく

必要がありますが。それをショートカットできる方法があります。


それは、真似るということです。

過去にうれている本、現代にうれている本

というのにはルールのようなものが存在します。


それが

「わかりやすさ(簡単)xワクワク感(感情を刺激)」を与えているかどうか?

です。


うれている本のタイトルには、そういう観点から

次のようなものがあります。

 

・断言・命令形「〇〇しなさい」等 

・わかりやすいメリット「〇〇になれる」「簡単に~」等 

・疑問形「なぜ〇〇は〇〇なのか」 

・常識と異なる?になるタイトル 

・対比「金持ち〇〇、貧乏〇〇」「出世する、出世しない」等 

・ブランド「ディズニー~」「ハーバード~」など  

・プライドを刺激する「一流」「エリート」など 

・具体的な数字を入れる「100万円」「3回」「3つの方法」など


例えば、ダイエットでの例でいうと

「バナナダイエットで痩せて恋人を作れるようになる本」よりも


・命令形

  「もてたいのなら果物はバナナだけにしなさい」

・わかりやすいメリット

  「小顔美人に慣れるバナナダイエット」「簡単小顔美人」

・疑問形

  「なぜ、ダイエットしてももてないのか?」

・常識と異なる?になるタイトル 

  「食べるだけで持てるバナナダイエット」

・対比「金持ち〇〇、貧乏〇〇」「出世する、出世しない」等 

  「モテる食事、モテナイ食事」

・ブランド「ディズニー~」「ハーバード~」など  

・プライドを刺激する「一流」「エリート」など 

  「一流エリートのバナナダイエット」

・具体的な数字を入れる「100万円」「3回」「3つの方法」など

  「バナナで3kg痩せるモテ小顔ダイエット、バナナレシピをつくる3つの方法」


ざっくりとつけるとこのような感じで

明確化するのと、感情が刺激をうけることでワクワクしたりしませんか?


こうやって人の感情を刺激し

得られるものを明確化、つまり簡単にみせることが必要です。


【エンタメ電子書籍】伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000