電子書籍で100万人に影響を与える著者メンタル

本を書きたいけれど

電子書籍がうれなかったらどうしよう?と思って

本を書くのをためらったことはありませんか?


せっかく書いたのに、もしも誰も読んでくれなかったら?

自信がなくなるのでは?と思ったことはないでしょうか?


質問します。

ブログは誰かに読まれないと自信を失いますか?

FBは、誰かに見られないと自信を失いますか?


独り言は、誰かに聞いてもらわないと困りますか?

そう、実は、この時点で気がつきませんか?


これは自分目線になっています。

読者にとって、どうであるかどうか?が重要です。


実は最もうれない本というのが自分目線の本です。

そうではなく100% 読者のためになることを書けば

万が一、本がうれなかったとしても

それは、書き方が悪かった?

もしくは露出の仕方が悪かっただけと思えるはずです。


読者に気持ちになれたのかどうなのか?

決して、それで自分にダメ出しをするのではありません。


本当に、読者の困っている悩みにフォーカスができるのであれば

その読者を限定し、一人のひとに徹底的によりそったものを書くこと

が最も重要なのです、そこに結果は関係ありません。


結果はついてきます。

極論をいいます。

「読者に恋をしろ」

ということです。


読者に対して、どれだけ考えることができるのか?

そして、どこまで読者によりそいたいと思えるのか?

読者のために、書きたいと思うのかどうかだけです。


それを考えれば、もはや、そこに恐怖はないでしょう。

【エンタメ電子書籍】伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000