電子書籍がうれるための素人でも書ける魅力的なプロフィール


電子書籍において重要なこと

それは中身が見れないので、やっておく必要のあることがあります。

もちろん、表紙やタイトルで興味深いものを作ることも必要ですが。


購入の不安を取り除くひとつに

プロフィールがあります。


プロフィールが魅力的でなければ、本に対する信頼や購買意欲は

小さくなってしまいます。


電子書籍のプロフィールではやってはいけないことがあります。

それは。。。


履歴書のように書いてしまうこと。

どこの大学にでてどういう仕事をしていたとか

書いたとしても、残念ながら、読者はまったく興味がありません。


これを書いて興味があるのは、

すでにあなたのファンになっている人だけです。


大きくわけてプロフィールには3つの要素が必要です。

①肩書きと、実績

肩書きはあなたのビジネスと、本に関連する肩書きです。

それと本に関する実績です。


実績はというと多くの人が実績がないといいます

そこでかけないと思ってしまうのですが


まず、実績がない人は、無理やり大きく感じる数字を

探してください。


例えば、たとえ小さな会社だったとしても

たとえ5人中1位だとしてもナンバーワン営業マンなので

営業成績がトップだったとか


相談件数だけは多いなど。

なんでもいいのです。


そうです、これは「忍者⚪︎⚪︎⚪︎くん」

と表記されるのであれば

ハッタリくんです。


はったりといっても嘘ではありません。

見方をかえているのです。


②次に、あなたのストーリーを書きます

本やコンテンツに関する思いです、なぜこの本やコンテンツを配信している

のか?あなたの失敗経験などや成功の話です。

ここに読者の共感をえるように書いていきます。


③最後に、あなたが目指す世界についてです。

あなたが、読者だけでなく世の中をこうかえていきたい。

社会性をもたせた、夢のための活動であること。

そして、そのため現在活動している内容などです。


この3つを書くことで、魅力的なプロフィールができます。

そこで、最後にあなたのホームページやfacebookのURLを

はりつけておくのです。


たとえ、本を購入しなかったとしても少しでも気になって

もらえたなら、もう少し知ってみたい

かかわってみたいと思うはずです。


その結果、本からでなく、あなたの本命商品への見込み客にも

なる可能性があります。


伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000