こんなときどうする、電子書籍を出版したあと悪評が!?

もし、こんなことがおきたら

どうする?


電子書籍を出版して本が購入されると、読者は、本のレビューを書くことができる

ます。

評価の数値を表すものとして⭐︎の数で評価され、コメントも

入れることができます。

⭐︎が1つ〜5つまで

⭐︎の数が多いほど、評価が高い仕組みです。


そこで、もしあなたの本の下に

⭐︎1つの最悪の評価があったとしたらどうでしょうか?


例として

「この本は最悪でした。買って損をしました。

ただ、自分のいいたことを言っているだけで、なんの得もありません。」


という評価があった場合、あなたならどうしますか?




正解は

「放置する」


なぜか?読者にはいろんな人がいます。

賛成もいれば反対もいます。

たまたま反対の意見がここに投稿されただけ

必ず、あなたのファンができることを信じれるかどうか?です。


もし、一生懸命作ってもその評価だったのであれば

気にしないことです

もちろん、もっといいものを作るという気持ちは

持ってほしいですが、全力でやったものにたいして

自己否定は不要、こらが今の自分の最大限の力でやったことに

たいして、むしろ、読んでくれたことに感謝しましょう。


その人はあなたに期待をしているからこそ

そこに、コメントを残してくれたのです。


もっと自分ができると思うようになれば

あなたは、もっとよい書籍をかけるようになります。


伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000