あることをするだけで、出版できる電子書籍の裏技





みなさんは、電子書籍を出版するのはハードルが高い

と思っていませんか?

多くの方が、書籍の出版となると

すごいことをかかないといけないのではないか?

お金がかかるのではないか?

と思っています。


もしも、それで電子書籍を出版しないと考えていたり

出版したいけれど、足踏みをしていたらとてももったいないことです。


電子書籍は無料でも出版できます。

そしてなにより、立派なものを出版しなくてはいけないと

いうことは関係ありません。


どういうことかといいますと

極端な話 たった1ページでも出版は可能なんです。


ある本を興味があって購入したらその本は全25ページ

文字もなにもない

写真だけのものでした。


また、私の知人に関しては

ひとつのページにリンクだけ貼って出版した人もいます。


もちろん、これを出版した目的は、本の出版で

完璧にやろうとするなということを伏線としてみせるための

ものですが、それだけでも出版できえしまうのです。


大事なのは、なんのために出版するのか?をしっかりと明確に

しておく必要があります。


自分の自伝として出版をして記録としてネットに残すためか?

コンテンツをしっかり必要としている人のもとに届けるのか?

その目的に応じた書籍を書けばなにも問題はありません。


伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000