相手に影響力(スパイス)を5倍与える文章が書ける【カレーの法則】



こんな経験はありませんか?

これすごい魅力的って昨日は思ったけれど今日はそうは思わない。

昨日は、すごいやる気になっていたけれど

1日たったら、そう思わない。


人というのは、いっときの感情に支配されているところがあります。

これらはときに、一発勝負のときにはとても必要な感情です。


パワフルなエネルギーのほうが、相手にインパクトを与えて

相手も興奮するからです。


しかし、これは諸刃の刃です。

なぜか?もし、相手との温度差があった場合

うざったい、うっとおしいと思ってしまいます。


カレーに例えると

美味しいカレーをつくろうと、楽しくいろいろ研究を重ねて

作ったカレー、ようやくできて食べるとこれがまた格別に感じる。


しかし、実は2日目のカレーのほうが美味しくなる

なぜか?もちろん科学的なものもありますが


1日目は苦労して作ったという感情があるので、脳が

美味しいと思わせている部分があるからです。


しかし2日目は、昨日作ったカレーという客観的な

視点にたって、第三者目線で食事をします。



文章を書くときというときも同じです。

感情的に勢いよく書くことも必要ですが

いきよいよく、余分なことも書いてしまうこともあったり

熱苦しい文章になってしまったりします。


客観的に読者の温度まで冷ます必要があります。

2日目になって、余分なものを消す作業や表現方法を変える

そういう作業をすることにより


「読者目線の文章」+「自分の熱意の伝わる文章」

となります。


これで、最強の文章にかわります

【エンタメ電子書籍】伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000