99.9%が知らない、他の著者にかてる圧倒的ポジショニング




電子書籍の業界も本と同様

そのジャンルにおいては、絶対的に有名な会社や

個人がいます。


したがって、素人が超直球で同じジャンルでチャレンジしても

まさに像と蟻のような世界

素人は、気がついてもらえない


そんなことが起こってしまいます。

ではどうしたらいいのでしょうか?


実はある方法を使うと、ライバルなし、

あなたの圧倒的なカリスマポジションをえることができます。


それは切り口をかえるという方法です。

それは、まったく関係ない問題の切り口を使います。


それは・・・

例えば、あなたが新入社員の教育のプロ、社内コミニケーションを普段

教えているとします。


しかし、電子このまま社内のコミニケーションで売っても

売れないのですが、



例えばこれを、頑固なこわい父親をもつ、彼女のうちに

結婚の許可を成功に導く方法を書いたとします。


範囲は狭くなっていますが、誰もこんな本を書いたことはないですし

こういう父親のいる彼女のいえに挨拶にいくときとうのは

緊張するもの、しかし、これに対する解決策というのはほとんど知られていません


新入社員で、近いうちにそういう挨拶をしようかと思っている人にとっては

知りたい内容なはずです。


そこで、入り口はこういった興味のあるネタにします。

そして、本の中で

これらに対する、解決策を伝えていきます


実は、こういう親父を説得し、仲良くなり

承諾をえるこれらの方法というのは

社内コミニケーションと同じ原理なのです。


これをマスターしておけば、社内でも、いきなり社長に

気に入られるようになり、給料アップも間違いありません


という出口にしたらどうでしょうか?

本の内容がよければ、相手の興味ふかいものであれば

あなたのファンになること間違いなしです。


ここで重要なことがあります。

これを作るには、ターゲットが興味を持っている悩みの解決を

入り口にすることです。


これをすることで、間違いなく入り口で興味を持ってくれます。

あなたのファンになります。


伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000