読者が50%を超える確率でメルマガに登録する

伝える文章と伝わる文章は違う。

どういうことかといいますと。

例えば、伝える文章というのは教科書のような文章

起承転結、綺麗にまとまっている。


内容自体が読むこと自体がストレスに感じてしまう


しかし、伝わる文章は違う、次がよみたくて

1冊をあっという間に感じてしまう文章。

そして、記憶に残る文章のことをいいます。


ではどちらが、文章を読んだあとに、ファンになってくれるのでしょうか?

もちろん、後者の方

教科書の作者のファンよりも、芸人のファンのほうが圧倒的に多い


でもどうやったら、そんな本がかけるの?

それはマインドひとつで変えられる。


相手に伝えようとしているのか?

それとも、伝わるようにしているのか?


つまり、著者目線なのか?

読者目線なのか?

によってまったくかわってくる。


読者ターゲットがどんなことに興味を持ってくれているのか?

内容を先に書くのではなく、興味を持っているもの

趣味や悩みなどから入っていくことが重要なのです。


例えば、学生なら、恋愛のことに興味があるかもしれない。

年配の方なら、年金や健康のこと。

そして、家庭をもつお母さんなら、子育てや料理などのこと


そしてその流れで、内容を読者の感情を揺さぶる内容にすること

により、読者はもう、読まずにはいられない状態をつくることが

可能になるのです。


【エンタメ電子書籍】伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000