書籍を書くという行為が、嬉しい副産物を生む

ブログとは違い書籍を書くとあることがおきます。

それは書籍ということにとらわれたことではありません。


書籍を書くということは

誰かが読むということになるため

人にわかりやすく伝えるということが必要になります。


そして、それを文字として伝えるため整理する必要があります。

つまり、ひとつのコンテンツの整理となります。


例えば

プラモデルでも、部品がちらばっている状態です。

「これはどこのパーツだったかな?」そんな状況ですが。

これを整理することでひとつのものが完成し

例えば、ロボットができたり

車ができたりするわけです。


できたものを読者にみせるとなるほどと

読者は、その詳細部分も理解してくれます。

わかりやすいはずです


つまりなにがいいたいのか?というと

コンテンツの整理ができるということです。


そしてこのコンテンツの整理ができると

どういうよいことがおきるのか?


わかりやすいセミナーができるということになります。

しっかりと整理されたセミナーができ

勢いでつくるセミナーではなく


受講生の学びを深めることのできるつくり方もできるように

なっていきます。


本を書くことでコンテンツが整理ができ

それがセミナーや授業、なにかの教材をつくる際にとても

役にたちます。


【エンタメ電子書籍】伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000