市販の睡眠薬の正体は○○○の薬



睡眠時間あなたは何時間眠れていますか?

年をとるとともに、多くの方が睡眠時間がすくなくなっています。


なぜそういうことがおきるのか?それは

自律神経のバランスがいろんな影響によりくずれるからです。


また一方いろんな機能が低下してくるため

交感神経(興奮神経)をたかめないと血流が悪くなったりするため

神経が自然に興奮せざるをえない

生きていくための自然なものともいえます。


それを証拠に血圧は高くなります。なので、血流を保つためには

少し血圧が高いくらいのほうが本来ちょうどいいのです。


話がずれましたが、

市販の睡眠薬ってご存知でしょうか?

テレビのコマーシャルでもやっていましたが


医療用の睡眠薬とは成分が全く違うというのをご存知でしょうか?

あれは実は、睡眠薬ではありません。


その正体は、ひょっとしたら

いま、あなたが、飲んでいるその薬と成分は同じかもしれません。


その正体は、アレルギーの薬なんです。

えっ?と思われたかもしれません。現にこれで眠れることもあるし

そんな馬鹿な?と

思ったかもしれません。


ここの大きなトリックがあります。薬というのは、いろんな作用があります。

〜〜の薬というのは、あくまでもその断片でしかすぎません。

そして、深いな症状がでる作用は副作用として扱われています。


この場合、アレルギーの薬というのは眠気という副作用が多い

しかし、この副作用が、不眠の方のニーズにあった。


ということになります。

つまり、受け取り側のニーズだけで〜〜の薬ということはかわってしまうのです。

他にも言い出せばいろいろあります。


そらは、また今度シェアするとして、

どうでしょうか?


この事実をいろんな角度からいうことができます。


「鼻炎薬って、睡眠薬にもつかわれるそんなに強い薬だったの?」

「睡眠薬と思ってのんでいて眠れるのなら、人間って思い込みすごいのね」

「騙された!!」

「薬って一長一短」


こういう意見があるのではないでしょうか?


あなたは、この事実を知って、どう感じますか?

いま、あなたが手にして服用している薬をどうしますか?


よくも悪くも、あなたが行動した結果があなたを作っていきます。

伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000