健康における最も重要な数字18

18という数字、実は我々の、身体のとって

遺伝子として組み込まれている体内時計のように刻まれた

最も重要な数字です。


一体なんだと思いますか?


実はそれぞれ単位は違います



ヒント:

例えば18の倍数36という数字、これは、風邪をひいたときに

あがりやすいです。

女性でいうと、 月経周期によって違います。


もうおわかりでしょう

36は、体温です。


では72は144は?

正解は

72は脈拍

144は、血圧(収縮期血圧)です


これが正常な状態のものです。

144は少し高いんじゃない?


そう思われたかもしれません。

しかし、個々によりますが、実は、血圧は低いほうが危険


脳卒中になるのは血圧が低いときなんです。

なぜ、血圧が必要なのか?それは心臓から送り出す力だからです。


血圧が高くないと、特に身長の高い人ほど、血圧で、脳まで血液を

循環させなければ、脳卒中を起こします。


例えば、動物のキリンは血圧が平均260と言われています。

あれだけ首が長く、脳までは血圧が高くなければ、血液が循環しないからです。


いまの現代医療は、身長や個体差、年齢を無視した、医療となっています。

そのため、血圧が高いとすぐに薬となってしまっています。


しかし、血圧は上記の理由で少し高めのほうが実はいいんです。


では最初に戻ります。18という数字はなにか?

それは、1分間あたりの波の回数です。


波の満ち引きは地球の重力、そして月の引力によって

決まってきます。


つまり、我々は、そういった環境に生きて生まれてきているという

これは証拠です。自然の中に生まれ持った遺伝子が

我々の身体をつくり、必要な数字を提示してくれている

リズムを刻んでいるという証拠でもあります。


あなたのいまの状態はいかがでしょうか?

血圧、無理にさげていませんか?




【エンタメ電子書籍】伝わりにくい、難しい情報や健康を簡単、楽しく伝わりやすくする

セミナーで上手につたえることができない。おもしろくない 本を書いてみたいけれど、文章がかけないと思っている方 自ら楽しくなり、受講者を引きつけるセミナ・本がかけるようになる ブランディングになり、0から起業できる

0コメント

  • 1000 / 1000